ピルは生理痛に効果がある?

自宅で出来る子宮筋腫治療法

ピルは生理痛に効果がある?

ピルとは、エストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬です。ピルといえば、避妊薬として知られていますが、生理時に起こるさまざまなトラブル、特に生理痛や生理不順などを改善する効果もあります。ピルは、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにすることで排卵を抑制します。

 

つまり、排卵が起こらなくなるわけで、結果として生理痛が軽くなるのです。また、ピルを服用することで、生理の周期が一定になり、生理の出血量も減る傾向にあります。以上のようなことから、ピルは生理時のストレスをかなり解消してくれる非常にありがたい薬と言えます。

 

しかし、ピルは鎮痛剤のように生理の痛みをすぐに抑制してくれるというものではありません。生理をコントロールすることで痛みを緩和するという薬なので、痛いから飲むというものではないのです。それに、ピルは定期的にきちんと服用する必要があります。

 

これは意外にわずらわしいものですが、それでもあの生理の不快な症状から解放されるなら、副作用が少ないピルはオススメです。ただし、ピルは薬局では購入することができず、医師の処方箋が必要になります。また、保険も適用になりません。

 

そのため、自費診療になり、病院や医院などにより料金が異なります。目安としては、初回は検査があるため1万円前後、ピルの費用は2000〜3000円くらい。料金が気になる場合は、電話などで事前に問い合わせるといいでしょう。

生理不順の薬

生理不順にはいくつかの種類があります。症状によっては、病院で薬での治療が勧められることもあるでしょう。早く病院に行ったほうが症状が悪化しないうちに治すことが出来るかもしれないので、生理不順を感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。

 

一般的に、病院で処方される薬は、ホルモンに関するものです。女性の体の中には、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる二つのホルモンがあります。この二つのホルモンは、正常な月経を起こすためにとても大切な役割を持っています。

 

これらのバランスが崩れたりすると、月経のタイミングがおかしくなるというわけです。人によって、どちらのホルモンが足りていないのか違いがあるため、足りていないほうを薬などで補っていくことになるでしょう。ただ、自分でホルモンバランスについて知ることは困難ですよね。

 

そのため、病院で診てもらうことになります。最近は、生理不順を回復するためのサプリメントなども販売されています。どうしても薬は嫌だという場合は、こちらから飲んでみてもいいかもしれません。体に様々な不調をきたすものとして、更年期障害があります。

 

この更年期障害も、体の中のホルモンバランスが崩れるのが大きな原因です。ここからも分かるように、薬でホルモンバランスを変えた場合、副作用に悩まされることがあります。どういった薬が処方されるかによっても副作用は異なりますが、あまりにも症状が酷い場合は、相談したほうがいいでしょう。